実際にあった、衝撃の自動車保険における首都高速での追突事故の過失割合




こんにちは、くんたです。

 

事故は起こしたくて起こすものではないですよね?

 

しかしどんなに自分で気を付けていても起きてし

まうのが事故ではないでしょうか?

 

極端な例をあげれば2012年に起きた東名高速、

笹子トンネルの天井板落下事故なんかは、どんなに

自分が気を付けていても防ぎようのない事故だと

思います。

 

このように世の中には理不尽な事故がありますが、

これからお話しする事故もかなり理不尽な事故だ

と思います。

 

いまから2年ほど前の2018年5月のことですが、

私のお客さまが首都高速を走行中に、合流車線から

合流してきたクルマに追突されました。

 

この追突の勢いで、クルマのハンドルを取られて

隣の車線に飛ばされる怖い思いをされました。

 

合流してきたクルマが追突してきてこれは防ぎ

ようがあるでしょうか?

 

常識的に考えればムリですよね?

 

隣の車線に飛ばされましたが、幸いどこかにぶつかる

とか他のクルマに接触すると言う二次災害は無く、

それ以上の大事には至りませんでしたが、相手の方

も恐縮しきりで自分に全責任はありますと平謝りだった

そうです。

 

そして後日、保険会社から連絡が入った際の過失割合は

9:1で追突された側にも過失が1割あると言うもの

でした。

 

 

私も長年自動車の営業をしてきましたが、こういう事例

は初めてで、すごくビックリしました。

 

過失割合が10:0になるのは、停止している状態で

ぶつけられた場合のみで、走行している状態では防ぎようの

ない状態でも必ず過失が出てしまうのが過去の判例だ

そうです。

 

また今年の2月にも2車線の右側車線を走行中の

お客さまが、渋滞していた左側車線から車線変更してきた

クルマに左リアをぶつけられるという事故がありました。

 

これもまったく防ぎようのない事故で、現場では全責任

はこちらにあるので、全面的に賠償しますと言って

いたのに、保険会社の主張が7:3ですと言う話し

になった途端、保険会社にすべて任せるので、と

相手の方は態度を変えてしまいました。

 

どんなに気を付けていても起こるのが事故です。

 

しかし、このような事態は想像できるでしょうか?

 

首都高速での追突はボクも初めての事例でしたので、

なかなかこういう事態を想像して補償内容を決める

ことは誰もしていないのが現状ではないでしょうか?

 

まして、保険に加入する時は、補償の充実具合と

保険料のバランスで決める事が多いのが実情だと

思います。

 

なかには補償の充実を優先する人もいらっしゃいますが、

あまり過剰に掛けることも無いと思うのが自動車

保険だと思います。

 

しかし・・・・

 

車両保険は自分が気を付けていれば大丈夫だから

加入しなくて大丈夫、と思っている方がいらしたら

せめて車対車+Aだけでも加入していれば、こういう

ケースでも保険でご自身のクルマを修理することが

可能となりますし、過失割合で納得行くまで揉めても

車両先行支払いを利用して取りあえず自分の車両

保険で修理をすることは可能となります。

 

これで最終的に10:0になれば、保険使用に

関してはノーカウントとなって翌年に等級ダウン

したり、事故あり3年の割り増し保険料の支払い

をすることもなくなります。

 

いまの保険料が高いとお感じの方、

最大21社からの一括見積が取れる

こちらから(一番安い自動車保険がわかる! )

見積もりを取ってみてはいかがでしょうか?

 

簡単に安い保険会社を見つけることが

できて、家計の節約を簡単にすることが

出来ます。

 

実際にボクも奥さん名義のクルマの

保険をこちらのサイトで取ったら、

自分で取り扱っている保険会社の

保険料の半額以下の金額になり、

年間で換算すると29,000円

もの違いになりました。

 

もし、大手の損保で加入しているので

あれば、ほんの5分程度でこんなに

節約できて、時給換算したら10分

掛かったとしても290,000円

ですよ!

 

しかも・・・・

 

車対車の車両保険にも加入しても、ほとんどの方

が今より保険料が安くなる可能性大なのでおすす

めです。

 

イザという備えのために検討されてみてはいかがで

しょうか?

 



ブログランキング参加しています。

バナーをクリックしてもらえるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くんた

はじめまして、くんたです。 くんたと言う名前でブログを書いています。 くんたと言うのは中学・高校でサッカー部の 仲間から呼ばれていたあだ名で、これをこの ブログのペンネームにしています。 そんなペンネームで書いていますので、 誰?となると思うので自己紹介させて いただきます。 ボクはいま国産メーカーの自動車ディーラー で営業の仕事をしています。 現在55歳で、22歳からこの仕事をしています から、かれこれこの仕事をはじめて33年になり ます。 この仕事でいままで1889台のクルマを販売 してきました。(2020年3月末時点) いろいろな事情があって32年6ヶ月の営業活動 期間での台数ですが、毎月平均5台を販売して きたことになります。 続きはプロフィールを見てくださいね。

-未分類

Copyright© くんたの保険の窓 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.