車両保険の種類と付帯するときに絶対気を付けたいポイント



こんにちは、くんたです。

 

今回は車両保険について書いて行こうと

思います。

 

いままでも車に乗っていた方にとっては

何を今さらと言う車両保険でしょうが、

1社だけ他社とは大きく異なる内容が

あったりするので、最後まで読んで頂ける

と良いと思いますよ。

 

目次

車両保険とは?

まずは、そもそも車両保険とはなんぞや?
ですが、対人や対物は万が一の事故の際に
相手へ賠償するための保険ですが、車両
保険は自分のクルマの損害の修理をする
ための保険になります。

大きく異なるのは相手方への賠償ではなく、
自分のクルマの修理を行うための保険になります。

車両保険の種類

車両保険には大きく分けると2タイプの車両保険が
あります。

保険会社によって商品名がことなりますが、おおよそ
一般条件と車対車+Aあるいはエコノミーと呼ばれる
商品になります。

違いとしては、一般条件はいわゆるオールリスクタイプ
と呼ばれるもので、単独での電柱への衝突や自転車との
接触事故の際も補償してくれるもので、これに対して
車対車とは自動車同士の事故を補償するものです。

車対車+AのAとはアクシデントのAでクルマを走行させた
時以外のアクシデントに対応しますよと言うことで、
具体的には盗難・いたずら・落書き・窓ガラスの破損
台風・竜巻・洪水・高潮などによる損害を補償するもの
になります。

ちなにみ地震による損害は通常の車両保険ではカバー
できないので、別途地震特約を付帯しなくてはなりませんが、
見舞金としての支払いですので、一般的には50万円が
支払い限度となります。

たとえば車両保険で500万円付帯していても50万円、
30万円付帯していたら30万円というふうに、あく
までも一時金として支払われ、当座の生活費や次回のクルマの
購入費用に活用しても良いです。

車対車に加入したときの注意点

自動車の事故はどんなに自分が気を付けていても起きる
可能性はありますよね。

でも保険料は節約したい、車両保険を付帯しないと保険料
は劇的に安くなりますが、万が一の事故の時に自分の自動車
の修理は自費で修理になってしまいます。

せめて少しでも保険料を安くしたい時にボクが提案するのは
車両保険を車対車+A(エコノミー)にすることです。

保険料としては一般条件よりも車両保険部分の保険料が
ざっくり3分の1程度になりますので、一般条件の車両
保険部分が6万円だとしたらだいたい2万円くらいで付帯
できるイメージですので、節約したいけど修理金額が高額
になる可能性の高い自動車同士の事故には備えたい方には
ぴったりだと思います。

でも注意が必要なのは、これは車対車を付帯するお客さまに
良くボクが説明することなのですが・・・・・

直線の優先道路を走行中に、一時停止違反のクルマが飛び出し
てきたと仮定しましょう、

この時に大体の人はハンドルを切って衝突を回避しようと
すると思います。

これで事なきを得られれば良いのですが、万が一クルマは
避けられても反対側のガードレールに衝突したと言う場合
はきっかけは自動車同士でも衝突したのはモノですから
単独事故にあたり、車対車の自動車保険では修理ができな
いので注意が必要です。

車対車への加入以外に保険料を安くするポイント

補償は充実したい、けれども保険料はなるべく安く
したい、これはボクでもそう思います。

こういう時におすすめなのが免責金額の金額設定です。

免責とは、保険会社が払わなくて良い金額をあらかじめ
契約時に決めておくことです。

免責0から10万円の範囲での設定が一般的ですが、
もっと大きい金額の設定も可能です。

大体の人が0-10とか5-10という設定だと思います、

0-10ですと、1年の契約期間のなかで1回目が0円
2回目以降が10万円保険会社は支払わなくて良いという
設定です。

古くから保険に加入していて会社の団体や知人から入って
いてあまり見直しをしていない人ですと免責0なんていう
人が案外多いですが、こちらの記事に書いたようにいまの
保険制度においては、一般条件で加入するような場合は
特に免責を多少なりとも設定しておいて損はないと思います。

車両保険は3等級ダウンの事故に該当しますから、翌年の
更新の時に3等級ダウンと事故あり3年で3年間割り増し
の保険料を支払わなくてはなりません、ですからこの3年
分の高くなる保険料を考えると免責10万円に設定する人
も多いです。

こちらから一括で見積もり請求する時にも免責設定を
変えて依頼すると劇的に保険料が変わるのでお試しして
みてくださいね。

車対車+Aで唯一内容が違う保険会社を教えます

通常ですと車対車+Aですと自動車同士の事故しか
保険料は支払われません、しかし自動車同士の事故
なのに支払われないのが当て逃げです。

ボクも3回ほど当て逃げをされていますが、本当に
悔しいですよね、買い物から戻ったら大切なクルマが
ボッコリと凹んでいたというのは。

しかし当て逃げは一般条件の車両保険でしか出ない
んですよね。

え!知らなかった!
自動車同士の事故なのに?

と言う方もいらっしゃるでしょうか?

当て逃げは保険会社にとっては、自分でぶつけた
のか当て逃げなのか判断が難しいのも事実です。

いくら自動車保険が申告制だとしても判断は難しい
ですよね。

しかし、一般条件でなくとも、この当て逃げに対応
している保険会社が1社だけあります。

その保険会社は三井住友海上です。

こちらから確認頂けますので、興味のあるかた
はご覧くださいね。

かしこく保険を見直したい方はこちらから一括で
試算をお願いしてくださいね。

無料の自動車保険一括見積もりサービス



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くんた

はじめまして、くんたです。 くんたと言う名前でブログを書いています。 くんたと言うのは中学・高校でサッカー部の 仲間から呼ばれていたあだ名で、これをこの ブログのペンネームにしています。 そんなペンネームで書いていますので、 誰?となると思うので自己紹介させて いただきます。 ボクはいま国産メーカーの自動車ディーラー で営業の仕事をしています。 現在55歳で、22歳からこの仕事をしています から、かれこれこの仕事をはじめて33年になり ます。 この仕事でいままで1889台のクルマを販売 してきました。(2020年3月末時点) いろいろな事情があって32年6ヶ月の営業活動 期間での台数ですが、毎月平均5台を販売して きたことになります。 続きはプロフィールを見てくださいね。

-未分類

Copyright© くんたの保険の窓 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.